見た目は雑巾、味はゲロの食べ物とは・・・

おはようございます!

旦那のじゅんやです!

 

お久しぶりです!!

僕たちは無事に生きて現在タンザニアのザンジバル島にいます!

 

SIMカードはあってもWi-Fiがない宿に滞在していたからなかなかブログを更新できずにいました( ゚д゚)

もうちょっと書きたいんですけど(*´Д`*)

 

これからは更新ちゃんと頑張れるといいけど・・・( ̄∀ ̄)

いや!!Wi-Fiがあるときはちゃんと頑張ります!!!笑

 

 

そして気付いたらあっという間に年末に(*´Д`*)

早い!!!

 

日本の正月って本当に大好きだから今だけでもいいから戻りたい・・・

忘年会に!美味しいご飯に!ダラダラした正月・・・

 

 

でもこっちは真逆なアッツアツな南の島( ̄∀ ̄)

これはこれで海旅らしくていいんですけど( ̄∀ ̄)

 

 

とにかくまだまだこれからのアフリカ旅楽しんでいきます!!!

 

 

「世界一周ボタン」

是非押して応援してください( ̄Д ̄)ノ

世界一周カテゴリーでブログランキングに参加しています。1日1回下の世界一周ボタンを押して頂ければ順位が上がります。記事を書いてない日でも世界一周ボタンを押すとポイント反映されます。時間ある方はぜひ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 



エチオピアと言ったら・・・

11月29日

 

エチオピア到着時に泊まったバロホテルはあまりにも居心地が悪かったから嫁が1泊しか無理ってことですぐに隣のウトマホテルへ移動!

ウトマホテルも1泊個室300ブルとバロホテルと同額なのに断然ウトマホテルの方が綺麗!

これからエチオピア行かれる方はウトマホテル泊まることをオススメします( ̄∀ ̄)

 

 

 

宿も変更したことだし、昼の時間になってお腹も空いたことだし・・・

 

 

昼ごはんを食べよう!!!

 

 

レストランは地元の人に人気っぽかった近くのレストラン!

世界にはそれぞれ特徴の違った国民食がある。

 

 

日本だったら寿司だったり、アメリカだったらハンバーガー、イタリアだったらピッツァ、トルコだったらケバブみたいに国によって独自の料理が存在する。

それはもちろんエチオピアにはも存在する。

 

 

その料理の名はインジェラ!!!

そのインジェラとは毎日のようにエチオピア人が食べていて、エチオピア人にとって欠かせないまさに主食なのだ!!!

 

インジェラとはイネ科のテフという植物の粉を水で溶かした後に3日かけて発酵させたもの。

そして発酵させたものを薄く伸ばしてクレープみたいに片面を焼いたら出来上がり!

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・

気になるのは作り方でもなんでもない・・・

 

 

 

 

旅人の間で言われているインジェラを表現した分かりやすい例えである( ̄∀ ̄)

 

それは「見た目は雑巾、味はゲロ」

 

 

 

 

 

 

 

えぇ〜〜!!!!

見た目は雑巾で味はゲロって何も褒めてない!

むしろ悪口以外の何物でもない( ̄∀ ̄)

 

しかしそんなインジェラもせっかくエチオピアに来たのだから食べないわけにはいかない!

ってことで1日遅れでアディスアベバに到着した次元くんを含めた(谷くんは途中から別行動)5人で1つのインジェラにトライすることに!!!

 

 

 

 

みんな『ナイスインジェラくださ〜い!』

 

シェフ『はいよ〜お待ち〜!!!』

来た来た来たぁ〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

待ちに待ったインジェラのご登場!!!

 

エチオピアで一番楽しみだったって言っても過言ではないインジェラ!

 

 

 

見た目は雑巾・・・。か・・・。

 

 

 

どれどれ・・・

うおぉ〜!!!

でも思ってたよりは見た目はいい具合に洗練された感じ!

 

いろんな具が載っていて美味しそう!

具を載せているインジェラは確かに穴がブツブツ空いていて色もちょっと雑巾っぽいかも( ̄∀ ̄)

 

ちなみにこの穴が多ければ多いほどインジェラとしては出来が良いそうです!笑

 

 

 

見た目は雑巾って言われてもおかしくないかもしれないけど、問題はその味だ!

じゅんや『まずはインジェラ単体で食べてみません!?』

 

横さん『そうしよう!!!』

 

ぴー(嫁)『どれどれ・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴー『うわっ!!すっぱぁ〜〜〜〜〜!』

 

 

 

 

 

みんな『えぇ!!!!マジで!?どれどれ・・・』

モグモグ・・・

みんな『うわ!!!』

みんな『めっちゃ酸っぱい!!!何これ!?』

発酵食品だから見た目に反してインジェラ単体だと酸っぱめ!

 

 

 

 

 

 

じゃあ次は具を付けてみよう!

みんな『どれどれ・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな『美味い!!!』

具を付けるとあの酸っぱかったインジェラが嘘のように酸っぱくなくなる。

具自体は美味しいから味のないクレープ的なヤツに美味しい具を巻いてる感じ!

 

 

酸っぱさが消えて美味しいってなるなら最初から酸っぱくないやつ巻いて美味しい方がいい気もするけど・・・

 

 

 

 

 

お腹も空いてたし、みんなで『美味い!美味い!』と言ってる間に完食!

ごちそうさまでした〜!!!

ちなみにこのインジェラ一皿の値段は45ブル(約176円)

 

 

 

 

 

そして僕は苦手みたいです。インジェラ。笑

嫁はイケるみたい( ̄∀ ̄)笑

 



次の街へGO!

アディスアベバでの用事は特になかったから次の街へ移動するためにバスのチケットを買うことに!

僕たち2人はエチオピアに来る気すらなかったからもちろんノー調べ・・・

 

 

だからとりあえず他のみんなが行く予定のシャシャマネへ一緒に行くことに決定!

シャシャマネにはエチオピアを憧れの地(黒人の魂の故郷)としているラスタマンが集まる場所があり、そこをラスタ村と呼んでるらしい。

レゲエがほんのちょっと好きなぐらいでラスタ感ゼロの2人が行くのは場違いかもしれないけど、どうせ他に行く場所や用事がないから行っちゃいましょう!!!

それにどうせ南に下るから方向的にも問題なし!!!

 

 

アディスアベバ〜シャシャマネまでのバス代金は1人170ブル(約658円)

アワサ湖行きのバスに乗って途中で降りてシャシャマネに向かいます( ^ω^ )

 

 

チケットを購入したらぴーが髪の毛を編み込むために美容院へ!

仕上がりは今後の写真で見てください!(約155円)

 

そして本日の晩御飯はウトマホテルのピザ!

飯マズのエチオピアで逃げのピザ・・・( ̄∀ ̄)

美味しいとは言えないけど、食べれるものがあってよかった( ̄∀ ̄)

 

 

翌朝は朝5時に起きてバス停までタクシーで出発して5時半発のバスのはずが結局6時半頃に出発!

エチオピアは人が集まるまでバスを出発させない傾向にあるから早く出発時間に行っても意味がないことが多い(*´Д`*)

 

 

 

3時間半程度で目的地のシャシャマネに到着!

5人で行動しているにも関わらず誰一人としてシャシャマネに関して検索していないという適当加減!

そのせいでホテルの場所も分からずにウロウロウロウロ( ̄∀ ̄)

 

あ!牛がいる( ̄∀ ̄)

インドみたいだ( ̄∀ ̄)笑

 

観光客が珍しいのか道に困って立ち止まればすぐにでも人だかりができる( ゚д゚)

黒人の中にアジア人がいるもんだからみんな興味津々!!!

写真を撮っていいかって確認して撮っても後から「マネーマネー」と言ってくる子供たち!

マネーはあげれないけど日本人得意の愛想笑いでやり過ごす( ̄∀ ̄)笑

 

 

やっとの思いで見つけたいい感じの宿!

「Rediet Hotel」

個室ダブルベッドルームで1泊350ブル(約1356円)

まあまあ綺麗な感じのホテル!

場所はシャシャマネバスステーションのすぐ近くの大きい道路沿い!

そして移動で疲れたからとりあえずホテルのレストランで腹ごしらえ!

逃げのポテトに・・・

逃げのピザ・・・( ̄∀ ̄)

ここのピザは美味しかった(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

来る予定のなかったラスタ村のあるシャシャマネ。

どんな出会いや景色が待っているのか・・・

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます( ^ω^ )

世界一周カテゴリーでブログランキングに参加しています。1日1回下の世界一周ボタンを押して頂ければ順位が上がります。1端末1ポイント付きますので他の端末で「世界一周」ボタンを押していただいても反映されます。もし時間ありましたら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

あの有名な予約サイト「Booking.com」を利用して4000円以上の予約をすると2000円キャッシュバックされるキャンペーンをやってます!

予約された方と僕たちの両方2000円キャッシュバックされるので宿の予約を予定されている方は下のリンクから飛んで予約してみてください( ^ω^ )

Booking.comの2000円キャッシュバックはこちらから予約!!!

Agodaからの予約はこちらから↓

コメントを残す