ウェディングフォト in ナミブ砂漠

おはようございます!

旦那のじゅんやです!

 

現在エクアドルのキトに滞在しています。

キトいいなぁ〜!

 

というよりも今泊まっている宿が快適すぎて快適すぎて・・・。

良くない!!!笑

 

あまり快適すぎるのも良くないですね( ̄∀ ̄)笑

Wi-Fiが早かったらついついネット開いちゃいますし、会話も自ずと減りますしね。

 

 

さてさて。

明日にはついにエクアドルを出国します。

 

向かう先は美女大国コロンビア〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

楽しみ( ^ω^ )

 

コロンビアに行った人行った人は口を揃えて「いい国!最高!」って言うぐらいだから結構楽しみ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

南米もあと少し。

楽しんでいきます!!!!

 

 

みなさま!

ただただこのブログを読んで閉じている方はいませんか?

読んで頂くだけでも嬉しいのですが(*´Д`*)

 

是非是非下の「世界一周ボタン」も押してください!

そうするとポイントが加算され僕たちの順位が上がります!!!

 

それと同時にブログのモチベーションもかなりグッと上がります!

よろしくお願いします!!!

 

 

これ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

これです↑↑↑↑↑↑↑↑↑



憧れのナミブ砂漠で。

2月9日

 

世界最古と呼ばれるナミビアが誇るナミブ砂漠。

「何もない」という意味の「ナミブ」砂漠だけど、人々を引き寄せるほどの絶景としてのパワーがあった!!!

実際に日本で世界について調べている時にここナミビアもナミブ砂漠もルートの一部に入っていたのだ。

ぴー『ナミブ砂漠は砂漠の中で一番すごそうで楽しみだわ〜』

 

って言うぐらいずっと楽しみにしていた。

 

 

 

だがしかし!!!

 

 

タンザニア〜ボツワナの辺りで当初予定していたアフリカの旅資金を大幅に越えていたのだ(*´Д`*)

それもそのはず出発前に大体計画を立てていた各大陸3ヶ月ぐらい周れば季節もお金もいい感じにいけると思っていたのだけど、アフリカにはこのままでいくと4ヶ月もいることになりそう(*´Д`*)

 

 

 

その場合はどうするか!?

 

 

 

答えは簡単!!!

行きたいと思っていた場所でも削るしかない。

残念だけど・・・。お金には限りがあるから。

 

 

じゅんや『ナミビア・・・。今回は行けなさそうだね。』

 

 

ぴー『うん。仕方ないよね。』

 

 

じゅんや『ナミビア飛ばして一気に南アフリカで最後だね!』

 

 

ぴー『でもさ・・・。やっぱり行った方がいいんじゃない!?』

 

 

 

ぴー『だってナミビアなんて行けるの今回が最後のチャンスかもしれないし、ここ削ったところで他の場所が行けなくなる保証もないし!』

 

 

 

ぴー『行ける時に行かないでいつ行くの!?』

確かにぴーの言う通りなのかもしれない!

特にナミビアに関しては今行かなかったらいつ行くの感が強い国ではある。

 

 

じゅんや『ってことはナミビアには行きたいんだね!?』

 

ぴー『うん。行きたい!ナミビアは見てみたいかも!』

 

 

という感じで南米のお金が減るかもしれないのを覚悟で今のアフリカを全力で楽しむ作戦に変更したのである!

 

 

だから今ナミビアを周遊して楽しめていることがとっても嬉しいんです!!!

 

 

この絶景のナミブ砂漠にだって来れたことに感謝!!!

そんな素敵なナミブ砂漠であれを決行することを密かに計画していたのだ・・・。

 



ウェディングフォトとは

 

そうそれは題名でもお分かりの通り「ウェディングフォト」を撮ること!

でもぴーは乗り気ではなかった。笑

 

 

こうやってブログやインスタグラムで僕たちのことを書いているとたまに言われることがある。

『なんか逆ですね!笑』

 

 

これは何のことかと言うと、

 

 

カップルや夫婦の旅人の間で普通ウェディングフォトみたいに女の子中心のイベントだったり、ブログみたいな細かい作業だったり、めんどくさそうなことは女子が率先して「やろう」とか行動したりする人が多いみたい。

でも僕たち夫婦は全くの逆!!!笑

 

 

じゅんや『ここでウェディングフォトやる?』

 

 

ぴー『えー!やらなくていいでしょ。』

 

 

じゅんや『じゃあここでは?』

 

 

ぴー『う〜ん。そこではやりたくないかも!』

 

 

じゅんや『え?じゃあ撮りたい場所あるの?』

 

 

ぴー『う〜ん。ないかも・・・。笑』

 

 

 

率先してやれやぁ〜!!!笑

とまでは言わないものの全くやる気のない嫁のぴーに嫌気がさすこともあった。

せっかく自分たちにとっての最高の思い出を作っているのに!

 

やる気のないぴーとは逆に僕は全力でウェディングフォトに取り組んでいる( ̄∀ ̄)笑

確かにこれじゃ世間のイメージとは逆かも!笑

 

究極のめんどくさがりであり、飽き性のぴーを世界一周に連れて行き、ここまで一緒に旅を続けている自分を盛大に褒めたい!笑パチパチパチ・・・

 

 

世界一周に対してこれだけ言えることがある!!!

1人でいろんな過酷な場所を周ったり、女子一人旅で危険な場所を周ったりしているすごい旅人もいるけど・・・、

ぴーと世界を旅できるのはこの世で自分以外存在しない!笑こんなこと言ったら怒られるかも!笑

 

だってぴーは世界周っているのに世界に興味すらないんだもん!笑

世界を旅したくてウズウズしている方には申し訳ないぐらい( ̄∀ ̄)

 

 

だからそういう内容で喧嘩することも多々ある。

 

 

やっぱり喧嘩は辛いもの・・・。

ストレス半端ないし、嫌の気持ちにだってなる・・・。

 

 

ぴーが日本に一人で帰って、あとは自分一人で旅を続けるチャンスなんていくらでもあった!

喧嘩して夫婦の仲が悪くなった時に逃げれる場面なんていくらでもあった!死ぬほど!笑

でも自分は夫婦というものから逃げなかった!

 

 

結局最終的にはぴーのことを愛していたから!

そういう理由でぴーと世界一周を旅できる人はこの世には他に存在しないし、喧嘩でバラバラになっちゃいそうな時も何とか話し合って乗り越えてきた。

今後自分一人で旅を続けたとしても世界の絶景や世界のとんでもない経験を嫁のぴー体験させてあげたいと思い続けるだけだ。

 

ウェディングフォトだって同じ理由だ!

今はいちいちいろんな場所で写真撮るの面倒臭いし、観光地だと人目があって恥ずかしかったりするけど、いつかその写真を見て一番喜ぶのは自分じゃなくてぴーだってことを知っているから!

 

 

 

 

 

じゅんや『よしっ!!!じゃあナミブ砂漠でウェディングフォトやろっか?』

 

 

 

 

 

ぴー『え〜。やりたくない!』

 

 

 

 

 

やれやゴラァァァァ!笑

 

 

ナミブ砂漠でみんなと共に!

 

さて、前置きがかなり長くなったけど( ̄∀ ̄)

ウェディングフォト in ナミブ砂漠の始まり始まり〜!!!パチパチパチ!

 

ナミブ砂漠でも有名なDUNE45に到着したと同時にみんなの足跡で砂漠が崩れてしまう前にみんなに頼んでウェディングフォトを撮らせてもらうことに!

 

 

エジプトのピラミッドでは警察にウェディングフォトを阻止されてしまったからモロッコのシャウエン以来アフリカ2度目のウェディングフォト!

 

ちゃちゃちゃっとドレスとスーツに着替えたら誰か他のお客さんが来ちゃう前に早速撮影開始!

いつもなら三脚を立てて2人だけでやるんだけど、今はナミビアを6人で周っているからみんなに協力してもらって盛大に開催!

何もない砂漠にめちゃくちゃ映える白いドレス!

そして後ろには形の綺麗な砂丘DUNE45が!!!

 

じゅんや『何だか・・・持つところが滑る!』

ぴー『ちょっと!顔が険しいから!!!笑』

ぴー『もう一回!!!』

ハイッ!!!

今度は大成功(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

最後は協力してくれたみんなと一緒に!

結婚式風( ^ω^ )笑

神父さんとカメラマンとお手伝いさんの役の真似!笑

 

無事にナミブ砂漠でのウェディングフォト・・・、

大成功!!!

 

また見てねっ!!

 

みなさま!

ただただこのブログを読んで閉じている方はいませんか?

読んで頂くだけでも嬉しいのですが(*´Д`*)

 

是非是非下の「世界一周ボタン」も押してください!

そうするとポイントが加算され僕たちの順位が上がります!!!

 

それと同時にブログのモチベーションもかなりグッと上がります!

よろしくお願いします!!!

 

 

これ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

これです↑↑↑↑↑↑↑↑↑

あの有名な予約サイト「Booking.com」を利用して4000円以上の予約をすると2000円キャッシュバックされるキャンペーンをやってます!

予約された方と僕たちの両方2000円キャッシュバックされるので宿の予約を予定されている方は下のリンクから飛んで予約してみてください( ^ω^ )

Booking.comの2000円キャッシュバックはこちらから予約!!!

Agodaからの予約はこちらから↓

コメントを残す