イタリアのマテーラで突如現れる洞窟住居たち

おはようございます!

旦那のじゅんやです!

 

 

今日水の都「ヴェネツィア」に到着しました〜!

イタリアと言ったらのザ!観光地!にやってきました!!!

 

そんな中でイタリアの過密日程と移動移動移動、観光観光観光、歩き歩き歩きの連続により2人とも疲れが溜まりすぎてとんでもないことになっています・・・(*´Д`*)

物価が高いから早足になってゆっくり出来ない分疲れを癒す時間がない・・・

 

ちょっとヴェネツィアでゆっくりして復活します( ;∀;)

なので明日は水の都で水を見ずに過ごします( ̄Д ̄)ノ笑

 

「世界一周ボタン」

を押して僕たちのこのブログの応援よろしくお願いします(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

世界一周カテゴリーでブログランキングに参加しています。1日1回下の世界一周ボタンを押して頂ければ順位が上がります。記事を書いてない日でも世界一周ボタンを押すとポイント反映されます。時間ある方はぜひ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

各SNSやってます!
よかったらフォローしてください!

インスタグラム(umitavi)
https://www.instagram.com/umitavi

 

ツイッター(@umitavi)
https://twitter.com/umitavi

 

Facebook (海旅 -UmiTaVi-)

https://www.facebook.com/umitavi

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

次の目的地

 

イタリアでの物価の目安

・コーラ 500ml 1.5ユーロ(194円)

・水 1000ml  1ユーロ(129円)

※観光地エリア周辺の物価です

 

7月26日

 

念願のイタリアへ入国した海旅夫婦はバーリからアルベロベッロへ向かいました。
夕方に着いて少し観光したら翌朝もアルベロベッロ観光!
短いながらもイタリア一つ目の観光地を堪能しました( ^ω^ )

早朝に観光してチェックアウトしたらまた移動するのでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねっむ(-_-)zzz

眠いです!!!

チェックアウト前にアルベロベッロ観光済ますためにかなり早起きした2人!

 

 

そして9時半のチェックアウトを終えたらそのままバックパックを担いで駅に向かうことに!!

本当はもうちょっとゆっくりしたいけど、物価とシェンゲン協定のこと考えたら今の段階でゆっくりすることはどうしても出来ない!!

 

 

そうと決まったら移動だ!!

アルベロベッロから向かう次の目的地は「マテーラ」

 

ここもアルベロベッロ同様にローマから入国していたら諦めていただろう街!

日本で世界を調べている時にたまたま見た一枚の素敵な写真によってイタリアの行きたい場所の候補地に選んでいた場所!

 

しかし今回バーリから入国することになってアルベロベッロとマテーラには一泊だけど立ち寄る選択をした2人!!

 

 

 

 

 

 

 

基本次の目的地の決定権は僕にあると思っています!

 

と言いますか・・・

嫁の行きたい場所や旅のこだわりが無さすぎて・・・笑

 

嫁が僕の行きたい場所へ着いて来ることで成り立っている海旅の旅の進め方!!

特にイタリアに関しては僕のこだわりが強すぎて( ̄Д ̄)ノ笑

 

着いてきてくれ〜嫁〜( ̄Д ̄)ノ

 

アルベロベッロからマテーラへ

 

 

バーリからアルベロベッロまで電車でやって来たから本当ならそのまま直接マテーラに移動するのが一番距離も近いんだけど、検索したところアルベロベッロ〜マテーラまでの移動手段がないってこと!!!

タクシーなら行くことはできるけどそんなVIPな移動はできません!!!笑

 

 

ってことで一旦またバーリまで戻ってバーリからマテーラへの列車に乗ることに!

 

 

 

 

バーリ中央駅に戻って来たら大きい駅ではなくて・・・

この窓の多い建物の方へ向かったら

この窓の多い建物を通り過ぎてすぐの建物でマテーラ行きの電車に乗り換えます!

 

ここがマテーラ行きの電車に乗れる入り口です!

ここでチケットを購入!

1人4.9ユーロ(636円)

 

この駅のトイレはチケットをかざすと・・・

ウィーン!!!って開きます!!!

地味に感動!笑

 

そして改札もウィーン!ってして中に入ります!!!

改札を通る前に刻印機で日付と時刻をチケットに刻印することを忘れずに!

 

始発の駅となるので方向を間違えることはないけど、マテーラ行きでない電車もあるので間違えないようにご注意を( ^ω^ )

マテーラ行きに自信がなければ駅員に聞いて確認してください( ^ω^ )

 

マテーラ到着!

 

 

約2時間程度でマテーラの駅に到着!!

着いたら駅員のおっちゃんに言われるがまま急いでこのバスに乗車!

電車のバスと併用して使えたのかは謎だけど、おっちゃんの言う通りそのまま切符を買わずに乗車してマテーラ中心地で下車!

 

 

 

降りたらあれ!?

ここマテーラ・・・?

なんかいたって普通の街にしか見えないけれど(*´Д`*)

それもそのはずマテーラという街は文化遺産に登録されているサッシ(洞窟住居)の街なのだ!

グラヴィーナ渓谷の斜面の岩を掘って造られた洞窟住居は3000〜4000あると言われていて、約7000年前から人が住み着いている歴史ある場所!

 

 

だけど、その洞窟住居どこ!?

これやっちまったか!!

場所間違えてしまったか!!!!

 

 

そんなこともよぎるぐらいの普通の街の雰囲気(*´Д`*)

 

 

 

 

大きい荷物もあるし、とりあえず宿にチェックインすることに!

 

 

しかし宿についても休む暇はありません( ̄Д ̄)ノ

次の日がチェックアウトだから移動で疲れていても観光しに行きます( ̄Д ̄)ノ

 

 

 

ってことでマテーラの街散策( ^ω^ )

まだあの有名な洞窟住居を見ていないからここがマテーラなことさえ疑っている2人!

本当に洞窟住居は存在するのでしょうか・・・?

 



マテーラの洞窟住居

 

マテーラの中心地に向かって何も考えずに歩き続ける2人!

まぁまぁ観光客がいるぐらいで特に特徴のない印象のこの街(ㆀ˘・з・˘)

 

本当にあるのかよ〜(ㆀ˘・з・˘)

でっち上げじゃないのか〜(ㆀ˘・з・˘)

 

 

 

とか文句を垂れていると目の前には突如あの景色が!!!!

うおぉぉーー!!!

写真で見たあの景色だ!!!!

 

本当に普通の街に突如現れる洞窟住居たち!!!

時間も夕方で夕日もいい感じに建物を照らす!

街の中には味のある教会がいくつもあり入ることもできる!

このエリアは道もさっきまでの普通の街とは違って昔の雰囲気!

迷路みたいな道は人を現代から昔の世界へと引きづりこむ・・・

 

日が本格的に傾き始めた頃!

2人はあの塔の高台に向かって歩き始める・・・

 

夜のマテーラ

 

実はここマテーラに来たいと思わせたその写真は夜のマテーラの写真でより幻想的な雰囲気だった!

ってことで高台の景色に期待して日が落ちる前に移動開始!

 

 

しかしこのマテーラの洞窟住居・・・

迷路すぎて難しすぎる!!!

 

 

なんども行き止まりや変な道を行き来して急な階段を登ってなんとか高台に到着!

なんとか日が落ちる前に間に合った( ̄∀ ̄)

こっちから見る景色も壮大でいい感じ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

 

このままもっと暗くなるのを待つことに・・・

 

 

日が落ちて辺りが暗くなるにつれて一つ・・・一つ・・・

一つ明かりが灯されていく・・・

 

それと同時に頭の上には・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何十匹の蚊が(*´Д`*)

あぁ〜!!!!!

上を見ると無数の蚊がここで眺める人たちを狙っている(*´Д`*)

 

ブスブスっと刺されながらももっと暗くなるのを待ち続ける!

 

 

 

 

 

 

 

 

この景色を見るために・・・

暗くなって独特な雰囲気の洞窟住居にシンプルなランプでより雰囲気を醸し出している!

一言絶景といえばそれでお終いかもしれないけれど・・・

言葉じゃ表せないものがここの場所に立って感じられた!!!!

見たこともない景色には表現方法がなかなか見つからない!

 

 

ただただすげ〜って言うしかない!!!

 

 

歴史だって全然知らないし、芸術だって全く分からないし、人生経験だって少ないけれど・・・

表現方法だって雑かもしれないけれど・・・

この目で見たものは裏切らない!!!

確実に自分たちの中で生き続けるこの景色!!!

決してじっくり感じることは出来なかったけど、一瞬でさえ自分たちに何かを残していった!

 

 

何を残したかはこの旅が終わった頃にわかるのかもしれません・・・

 

 

世界一周カテゴリーでブログランキングに参加しています。1日1回下の世界一周ボタンを押して頂ければ順位が上がります。1端末1ポイント付きますので他の端末で「世界一周」ボタンを押していただいても反映されます。もし時間ありましたら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す