テガラランのライステラスはラが多すぎて覚えづらい・・・

おはようございます!

旦那のじゅんやです!

 

やっとの思いでバリ島から脱出しましたー♪(´ε` )

バリ島から移動した場所は「ヌサ・ペニダ」

ここの記事に関してはまた後日書くので楽しみにしていてください( ^ω^ )

 

 

到着した今日は早起きとバリ島の疲れにより昼前についたにも関わらず爆睡して1日が終わりました( ̄∀ ̄)

明日からは全力で楽しんでいきます(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

 

そして

旅に出てからそんなに日本人に出会ってない海旅夫婦です!

そろそろ日本語で誰かと会話したいんですけど!!笑

誰かペニダにいませんか〜!?笑

 

 

 

世界一周カテゴリーでブログランキングに参加しています。1日1回下の世界一周ボタンを押して頂ければ順位が上がります。もし記事を更新してない日でもこのブログを訪れて「世界一周」ボタンを押して頂けると反映されますので時間がある方は応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

各SNSやってます!
よかったらフォローしてください!

インスタグラム(umitavi)
https://www.instagram.com/umitavi

 

ツイッター(@umitavi)
https://twitter.com/umitavi

 

Facebook (海旅 -UmiTaVi-)

https://www.facebook.com/umitavi

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

早起きして神の階段

 

バリ島での物価の目安

・コーラ 5000〜6500ルピア(39円〜50円)

・水500ml 2900〜5000ルピア(22円〜39円)

 

 

5月9日

ラオスのリベンジを見事に果たした海旅夫婦は帰りにウブド市場へ寄り、自分たちへのご褒美!?を与えたら晩御飯にバリ島のJFCでフライドチキンを食べて、翌日も大移動するから早めに就寝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝だー(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

6時半起床!

移動の予約で早起きしないといけない時ぐらいしか早起き頑張れないけど、今日は頑張った!!

 

 

 

 

 

7時に朝食予約したからまずは外で朝食タイム

 

ここの宿は前日までに時間を指定すればこの玄関出てすぐのテーブルにご飯を持ってきてくれます。

詳しい宿情報は→こちら

外で朝日を眺めながら食べる朝食なんて豪華すぎる( ;∀;)

 

 

 

 

 

本日の朝食メニューは「バナナパンケーキ」

うまそっ!!!

メニューも事前に以下の中から選ぶことができる!

・バナナパンケーキ

・スクランブルエッグ

・オムレツ

 

 

2人が聞いたのはこのメニューだけだけど、他にも作ってくれそうな感じはしました。

コーヒーとフルーツも毎回付いてくる( ^ω^ )

 

 

 

 

 

豪華かよっ!

そして相変わらずオーナーの2人は笑顔でほっこりする( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

ここの宿大好き!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食も食べて元気モリモリになったところで準備をしていざ出発!

今日は予定盛りだくさん!

 

最初の目的地は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「テガラランのライステラス」

簡単に言ったらテガララン村にある棚田です!

 

 

米が主食のバリ島にはいくつかライステラスがありますが、その中でも1番美しいと言われているのがこの「テガラランのライステラス」です。

 

 

 

通称「神の階段」と呼ばれています。

 

 

 

 

神の階段なんて言われたら行くしかないっ!

どこの観光地も行きたくなるようなキャッチフレーズつけるのがうまいなぁ( ̄∀ ̄)

 

 

 

 

 

 

ウブドからこのライステラスまではそんなに遠くないので気軽にいけます

ウブド中心地から10キロ前後北上するだけ

ウブドの中心地にいけば腐る程ツアーの会社があってこのライステラスや他のところを組み合わせたツアーもあるのでツアーで行くのもありです( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

僕たちはお金を節約しないといけないからもちろんバイク移動!

でもウブドだったらバイクも少ないのと自然が気持ちいいから断然バイクをオススメします!

よっぽど変な道とかに行かない限り舗装もされてるし、バイク慣れてる方であれば問題なしです。

 

 

 

もちろんバイクの方が値段を抑えることができます

 

 

 

 

 

バイクレンタルの料金は1日当たり5万ルピア(392円)

スミニャックで泊まった宿「Beji Ayu Homestay」で借りました。

ガソリン代はバイクにも寄りますけど、メーターで空っぽの状態から2万〜2万5000ルピア(157円〜196円)で満タンになります。

 

デカいガソリンスタンドでも入れれますし、ウブドの田舎道ならこういう感じで至る所で売られてるのでガス欠の心配もないです。

もしくは瓶でガソリンを売ってるところもあります。

 

 

 

 

 

 

 

15分〜20分も走ればあっという間に到着!

 

バリ島を調べる前はこういう有名な観光スポットは中心地から遠いイメージだったけど、今のところ意外と近いところばっかりだからいい意味で予想外!!

 

 

 

 

 

到着するとそこには砂利の駐車場があって管理人の人がいるから話してみると

 

管理人『おはよう!』

 

 

俺『おはよう!ここがテガラランのライステラス?』

 

 

管理人『そうだよ!君たちはラッキーだね。今の時間なら空いてるから十分に楽しめるよ!』

 

 

嫁『ほんとですか!?やった!!早起きした甲斐があった!!』

 

 

管理人『楽しんで〜!あとよかったらここのボックスにお金入れてってね〜』

 

 

 

 

特に入場料とかはないんだ!!

事前に調べたらお金いるって情報は見たけど、実際はチップボックスの中に自分の気持ちを入れる感じだった!

管理するのも大変だから少額だけど、気持ちの2万ルピアを入れて

 

 

 

 

 

 

いざ入場(((o(*゚▽゚*)o)))♡

着いた時間は8時20分!

人混みを避けて静かに周りたいなら午前の早めの時間を狙った方がいいです。

ちなみにこの時間だと先に2人ぐらいいた程度でほぼ2人占め状態でした!

 

 

 

 

 

 

入場直後にすでにライステラスが丸見え!

ちょ!ちょっと・・・

もうちょっと勿体ぶってよ( ̄∀ ̄)笑

 

 

 

 

 

そして絶景をみると絶対このポーズをします!笑

多分この先の記事でもこのポーズの写真をみることになると思います!笑

どうかお付き合いくださいm(_ _)m

 

 

 

 

もうちょっと降りたところの景色はこんな感じ!

うん!

うんうん!

うん!うん!うん!!!

すっごいいい感じ!!

大興奮!!

 

緑一色なんだけど、上から見ると棚田の傾斜がいいアクセントになっていてずっと見ていても飽きない!ここが人気の理由がすぐにでもわかった気がする!

 

 

とにかく壮大で空気が気持ちいい!!

 

 

 

 

ヤシの木と棚田がいい具合にマッチしてて壮大感をさらに増してる気がする♪(´ε` )

やっぱりヤシの木好きだ〜

生えてるだけでおしゃれなのってすごい!!

ヤシの木が余計に日本の水田との違いを作ってる!

 

 

 

 

 

もっと下に降りて田んぼの近くでも写真が撮れます

これは上からバージョン!

まさに美しいって言葉が似合う癒しのスポットでした!

 

 

 

 

 

ちなみに通路はこんな感じで不安定です!

靴で来た方がより安全です!

僕は靴が嫌いなのでこの旅に出てから1回も履いてないです( ̄∀ ̄)笑

 

 

 

僕たちは行ってないですけど、棚田を見ながらのカフェもあるのでオススメです!

 

 

 

持っていくといいもの

・靴(不安定な土の通路なので必要な方は◯)

・カメラ類(GoProみたいに広角レンズなものでも全体が見えていい感じになります。一眼レフのようなカメラでもいい写真撮れます。)

・帽子、タオル(風は涼しくても日差しは強烈です!)

・写真にこだわる方は棚田に合わせた服を着てきてもいいかもしれません!(ここにいた欧米人がわざわざ棚田の写真用にヒラヒラのワンピースに着替えてました)

 

 

次なる目的地がある2人はここでくつろぐことなく、またバイクにまたがりました!

 

 

 

そう!次の目的地で自分たちのミスによって苦しい思いをするとは知らずに・・・

この記事の写真をよ〜く見ればそのミスに気づけるはずです( ̄∀ ̄)

 

 

 

 

続きは次回の記事に綴ります( ^ω^ )

 

 

世界一周カテゴリーでブログランキングに参加しています。1日1回下の世界一周ボタンを押して頂ければ順位が上がります1端末1ポイント付きますので他の端末で「世界一周」ボタンを押していただいても反映されます。もし時間ありましたら応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す